2006年03月02日

おもしろ無料ゲーム「RedBeard」

おもしろ無料ゲーム「RedBeard」

「RedBeard」
RedBeard

カーソルキーで移動。スペースでジャンプ。色の球をとると同じ色のバーが動いたり乗れたりするようになるので進み、ゴールを目指すゲームです。

ガンシューティング・Flash Crisis
本格派ガンシュー。

戦隊ものヒーロー


posted by yoshi at 00:08| リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おもしろ画像「コカコーラ大好き」

おもしろ画像「コカコーラ大好き」

「コカコーラ大好き」
「コーラ好きな人ー?」
「にゃーい」
「コーラに昔コカインが入っていたことから、コカコーラだったと知ってる人?」
「にゃーい」
「実はパンダだ」
「にゃーい」
「ダメだこりゃ」

ブックカバーの宣伝文
った。

マリオクッキー
すげー。
posted by yoshi at 00:00| リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

ポケモン人生ゲーム

タカラトミー 合併1号商品は「ポケモン人生ゲーム」より

玩具大手のタカラとトミーが1日、合併しタカラトミーが発足する。両社は28日、「タカラトミー」ブランドの最初の商品として「ポケットモンスターAG(アドバンスジェネレーション)人生ゲーム」を4月下旬から発売する、と発表した。

ゲームの内容は、プレーヤーが、ポケモン博士などの資格を取り、ポケモンを集めたり、ポケモンを戦わせたりしながらゴールを目指すというもの。通常の人生ゲームでは、プレーヤーのコマが自動車だが、新商品ではモンスターボールになっている。3780円。
ポケモンの人生ゲームかあ、ありそうでなかった商品ですね。ポケモンを戦わせたりもできるということで、カード対戦の要素も入ってるんだろうか。


ポケモンカードゲーム マスターキット
posted by yoshi at 13:58| リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「真夜中のピアニスト」セザール賞を受賞

『真夜中のピアニスト』、セザール賞を受賞より

フランスのアカデミー賞、セザール賞で、ロマン・デュリス主演の『真夜中のピアニスト』が作品賞に選ばれた。本作は1978年のアメリカ映画『マッド・フィンガーズ』をジャック・オディアール監督がリメイクしたもので、オディアール監督は監督賞も受賞。そのほか、主演男優賞にはミシェル・ブーケ、主演女優賞にはナタリー・バイが選ばれた。さらに、イギリス人俳優のヒュー・グラントが名誉賞を受賞し、「母国では賞はもらえないんだ。ありがとう、フランス!」とコメントした。
真夜中のピアニスト」とはどんな映画なんでしょうかね。「戦場のピアニスト」とか「海の上のピアニスト」とかおもしろかったので、何か期待してしまうよ!


真夜中のピアニスト
posted by yoshi at 13:51| リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷川京子「おいしいプロポーズ」

長谷川京子「おいしいプロポーズ」

ハセキョウ 待望の連ドラ初主演より

女優の長谷川京子(27)が主演するTBSの連続ドラマ「おいしいプロポーズ」が4月23日(日曜後9・00)からスタートする。連ドラの“常連”となっている長谷川だが、主演は意外にも!?初めて。これまでの美女ヒロインから一変、勝ち気なシェフを演じて新たな一面を切り開く。

これまで5つの連ドラで「ヒロイン」を演じてきたが、意外にも主演作がなかった。今回、挑戦するのはラブコメディー。イタリアンレストランのシェフ役で「恋愛より仕事」、仲間からは「口は悪いが腕はいい」と言われている女性だ。

長谷川は「初主演させていただくことになり、大変光栄に思います。見ていただいている方々が明日から頑張ろうとか、前向きになれるように、そして楽しい雰囲気が伝わればと思います」と意気込みを語っている。
ヒロインは主演にはならないのかな。ヒロインだけどあまり心理描写されなく出番がすくないとなると、主演ではなくなるんですかね。ドラマはラブコメディーってことで、楽しい感じのドラマになりそうですね。


長谷川京子写真集
posted by yoshi at 13:45| リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇団ひとりの小説

劇団ひとりの小説

劇団ひとり処女小説 争奪戦激化より

番組などで活躍中の劇団ひとり(29)の処女小説「陰日向に咲く」の映像化権をめぐって争奪戦が行われていることが分かった。

1月27日に発売された作品は、ホームレスを切望するサラリーマンや振り込め詐欺に手を出す小心者のギャンブラーら、落ちこぼれの6人を温かい視線で包み込んだ5編の連作短編小説集

文芸評論家の斉藤美奈子氏は雑誌の書評で「ふつうに直木賞を狙えるレベルでしょう」と言い切り、作家の恩田陸氏も「ビギナーズ・ラックにしてはうますぎる」と絶賛。
劇団ひとりの芸は物語性が強いですもんね。文章にすぐ置き換えやすそう。とはいえ、性交渉をする時間を惜しんで1年かけて書いた作品だそうです(笑)


陰日向に咲く
posted by yoshi at 13:36| リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。