2006年02月12日

ケータイで小説書き17歳の高校生大賞に

■ケータイで小説書きました 17歳男子高校生に大賞より

 第1回野性時代青春文学大賞(角川書店、フジテレビ主催)が、東京都の高校2年生木堂椎さん(17)の小説「りはめより100倍恐ろしい」に決まり、11日発表された。賞金は100万円

 木堂さんはこの作品を携帯電話の端末で執筆。メールで編集部に応募した。長さを400字詰め原稿用紙に換算すると約250枚分。角川書店「野性時代」編集部は「全文を携帯で書いた世界初の小説」と銘打っている。
携帯でメール打つのもめちゃくちゃ億劫なんですけど、打ちやすいのあるんですかね。それともやっぱり慣れ!?携帯で小説執筆といえば渡辺浩弐さんがもうやってるから、実は世界初ではないけど、それを言ったらコピーの効果がうすくなっちゃうので、言わないことにする。


posted by yoshi at 17:02 | リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。