2007年11月15日

ひろゆきがティム・オライリーに出合った〜

ひろゆきがティム・オライリーに直接きいた、「Web2.0ってなんだったの?」:ニュース - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20361105,00.htm

西村氏:Web 2.0という言葉については?

O'Reilly氏:ばからしい名前だよ。ウェブの新しいバージョンだと思っている人が多いし、そういう意味で使ったんじゃないのに。この言葉を使ったのは、みんな、ドットコムバブルの後、ウェブが終わったと思っていたからだ。でもウェブは戻ってきた。「Return of the Web」なんだ。
これは興味深い。Web2.0という言葉を作った人も一般の受け取られ方をばからしいと思ってたんですね。本来のWeb2.0はPeoplewareで、Web2.0企業とはデータベースを蓄積するシステムの提供と資産をもっているということで、なるほど納得でした。よーし、これからはオレもタイトル文字を鏡面に写したサイトを作って、Web2.0サイト運営者を名乗ろうかな。


posted by yoshi at 21:11 | リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。