2007年11月16日

新聞はなくなる

「新聞はなくなり、新しい形態になる」 Web 2.0提唱者オライリー氏(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071115-00000002-jct-soci

――Web2.0のメディア産業への影響は? (Web2.0の)影響を最初に受けるのがメディア産業で、その次がソフトウェア産業だと思います。グーグルやヤフーもメディア企業で、メディアの革命は、企業の興亡と繋がっている。(巨大メディア企業である)ニューズ・コーポレーションがウォール・ストリートジャーナルや(SNS)のマイスペースを買収したが、オールドメディアがニューメディアを買収することがある一方で、ニューメディアがオールドメディアが買収する、ということもあるだろう。収益モデルの面で挑戦を受けるだろう。新聞(Newspaper)はなくなるだろうが、ニュース(News)はなくならない。オールドメディアにとっては、自己改革(re-invent)をするチャンスだ。
新聞がなくなるんですかねー。どんなんだろ。確かに本より先に新聞がなくなりそうだけど。まだまだ先の話のような気がします。

――Web3.0では、どんな技術が登場するのか。 2つから3つの分野に注目している。ひとつは、情報を集めるもの、という意味での「センサー」だ。例えば、GPS付きのカメラで写真を撮れば、写真の他に「どこで撮ったのか」という情報が得られる。これをウェブで共有すれば、面白い使い方ができるのではないか。もうひとつの方向性としては、携帯端末についてだ。インターネットスタイルの革新は、携帯端末の上で起こっている。
Webの未来。わくわくするテーマですね。これからも、いろいろな情報を集めて共有するもの。それから携帯端末かー。たしかに携帯でネット利用する人がかなり増えてきてますもんね。というオレは携帯ではネット全然しない派なんですけどね・・・。JIS配列のキーボードがないと本格的にメールしたりネットなんてする気力がわかないからね!


posted by yoshi at 19:24 | リニューアル前の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。